賃貸管理

当社は、自社仲介店舗を持たず、出来るだけ多くの仲介店舗に対して幅広く客付活動(リーギングマネジメント)を行っております。
つまり、出来るだけ多くの店で「空室を売る」ということです。
当社では、空室に対し、該当エリアの仲介業者に定期的に募集画面をFAXし、リーシング担当が仲介店舗を実際に回って、決まらない物件についてのヒアリングを行います。こうした地道な活動で、仲介店舗への認知度を高めています。
ヒアリングによって、エリアの物件の相場価格や求められる設備などを的確に把握し、募集条件を調整することで機会ロスのない募集活動を行っています。

空室の多い昨今は、単にリーシング活動を行っても中々部屋は決まりません。仲介店舗の現場営業マンからお墨付きを貰う必要があります。
当社は頻繁に仲介店舗を訪問することで、優先的に入居者を紹介していただけるような人間関係を築くことを重要視しています。物件は決して安い買い物ではありませんので、これほどインターネットが発達していても最終的なクロージングは現場の営業マンにかかっている部分があります。
また当社では広告料を自社の収入とせず、仲介店舗へのインセンティブ支払に充てています。
そのため、経済的な理由からも、優先的に入居者を紹介していただける仕組みとなっているのです。

幅広く販促活動をし、仲介営業マンの力を十分に使っても、最後に決定権を持っているのは入居者の方です。
そこで、入居者が決めやすい魅力的な部屋づくりが必要になります。決まりやすい部屋を作ることで、仲介営業マンも安心して推薦することができます。
ただし、いくらでもお金をかけられるわけではありませんから、費用対効果を意識して、入居者うけするポイントを確実に押さえることが重要です。
例えば「色」を変えるだけで人気になる場合、「色」でコストは変動しません。無闇に豪華な部屋を作るのではなく、費用をかけずに入居者の評価の上がるポイントを常に取り入れていきます。

+